クマの種類

私は、かれこれ20年前からクマと目の周りが茶色っぽく、学生の頃に、男子から「おまえ、目の上に化粧しているだろー!」と言われたほど。
就職して、アイシャドウを塗れば、ピンクもくすんだピンクになってしまうぐらいです。
クマもオールシーズンできているし、コンシーラーを使えば余計目立つし・・・
そのうちこれが私の顔だし、しょうがないと思っていたのです。
でも、クマのある人って、老けて見えますよね?あと、不健康そうで疲れたイメージ(>_<)
 
目の周りの皮膚は、とても薄くもっとも代謝の悪い所と言われています。
皮脂腺もないので、乾燥するし、歳をとるごとに皮膚が薄くなりクマが目立ってきます。
 
クマは、大きく分けて3種類あります。
 
茶ぐま・・・シミ・くすみによるもの
目の下にシミが連なってクマのように見える。
普段から目をこする人は、角質が厚くなりこれがくすみになり、クマのように見えます。
対応策は、ピーリング
 
黒ぐま・・・むくみやたるみによるもの
下まぶたの皮膚が歳とともに薄く弱くなっていき、たるんだ部分が黒っぽくみえる。
一番改善しにくいクマである。
対応策は、コラーゲンを増やすこと。ピーリング剤や、シワ、たるみ用の美容液やクリームを使う。
 
青ぐま・・・目が疲れたりすると、血液がよどみ、それが薄い皮膚を通して透けてみえる。
冷え性や、色が白い人に多い。
対応策は、コラーゲンを増やすこと。ピーリング剤、ビタミンC誘導体がよい。

 
私は、美顔器のお手入れで、目の周りのくすみがだいぶ薄くなりました。
まだ、茶色いのでもっとキレイにもっと薄くしたいと欲が出てきます(^_^;)
 


 
 
 
 
 

posted by 顔美子 at 01:17 | TrackBack(0) | お肌のハテナ(?_?)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。