生理前の肌荒れ

生理前は、肌が荒れたりニキビができたりいいコトありませんね。
そもそも、なぜ肌が弱くなるかというと、女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2種類があります。
生理前に分泌されるプロゲステロンは皮脂分泌が増えてシミやニキビができやすくなる時期です。
よって、生理前の肌荒れはプロゲステロンの影響ですが、普段よりストレスを多く感じたり不規則だったりするとさらに肌の状態は悪化するといわれています。
 
あれ?先月の生理前は、ニキビもできなかったのに今月はポツポツできちゃった(>_<)という時は、先月よりも不規則な生活を送っていたり、ストレスが強かった可能性があります。
 
私は扶洋の美顔器でお手入れする時、生理前〜生理中はシンプルコースにしています。肌が弱くなっている時期なのでフルコースのピーリングなどは、極力さけています。
 
もう一つのホルモン、エストロゲンは生理後に分泌が高まりコラーゲンを増やしたり、肌がみずみずしくなったり
するホルモンです。このホルモンは思春期に増え始め30代後半から減り始めて閉経とともに急激に低下してしまうそうです。
 
サプリメントや薬などでこのエストロゲンを増やすことはできないので、一番いいのは健康的な生活を送るトコです。
 
生理と、ホルモンの繋がりはお肌に大きな影響があるので、美顔器に頼りすぎず、食事や睡眠に気を配りたいものです♪
 
タグ:生理 美顔器
posted by 顔美子 at 19:32 | TrackBack(0) | お肌のハテナ(?_?)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。