ヒアルロン酸とは?

皮膚の中に存在する、ヒアルロン酸。よく、ドラッグストアなどでもこの見出し→「ヒアルロン酸配合」
でクリームや、美容液、洗顔などの商品がありますが、そもそもヒアルロン酸の役割ってなに?なんとなく、肌によさそうな感じの言葉だけど・・・と思っていた私ですが(^_^;)
 
皮膚は、表皮→真皮→皮下組織でできていますが、ヒアルロン酸があるのは真皮の部分。ヒアルロン酸は、私たちの体の中に存在する成分なのです。
同じ真皮にあるコラーゲンとエラスチンの網目構造の間を埋めつくしているのがヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸がたくさんあるほど真皮はみずみずしいのですが、加齢とともにヒアルロン酸は減り真皮にある水分も減少します。ちなみに、食品や化粧品でヒアルロン酸を増やすことはできません。
今流行りのプチ整形で、ヒアルロン酸注入もありますが、 悲しいことに6ヶ月ぐらいしか持ちません。
 
化粧品にあるヒアルロン酸配合成分は、あくまでも保湿成分です。
肌の潤いは化粧水を沢山つければいいものだと思っていた私。実はちがうらしいです。肌の水分を守るために活躍しているのはセラミド。このセラミドも年齢とともに減少します。それに伴い肌の水分も減っていきます。そこで、セラミドの代用になる保湿成分がヒアルロン酸なのです。化粧水を沢山つけるよりも、ヒアルロン酸配合のクリームや美容液を塗ったほうが保湿の役割が大きいそうです。
 
 
posted by 顔美子 at 15:08 | TrackBack(0) | お肌のハテナ(?_?)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。