乾燥しない美肌作り【保湿】

保湿は、化粧水と美容液の2種類で大丈夫です。
ちょっと前は化粧水をつけたあと、水分が飛ばないようにフタをする為に乳液をつけて→美容液。
なんて言われていました。

私も6年前に使用していた化粧品は、スキンケアで4種類もあったのです。
これがけっこう面倒臭いんですよね・・・。乾いてから次の化粧品を塗らなければいけないし。
化粧品会社としては儲かりますよね。だって毎日使うものだから一ヶ月か二ヶ月に一度はなにかしら化粧品を買いに来るお客様がいるのだから。でも時代は変わったのです。

「セラミド」という成分はご存知ですか?これは、肌の表面にある角質層の細胞と細胞の間に存在する成分で、
セラミドが多い、少ないによって、しわやシミに大きく影響します。
セラミドは保湿成分なので、美容液に多く含まれます。ということは、美容液は保湿効果が高い成分が入った化粧品なので、必需品になります。しかも、肌内部にあるセラミドは年齢とともに減っていくそうです。

スキンケアをするのに多い人は4、5種類の化粧品を使っているなんて時代は終わったのです。
現在の科学では、肌にある成分や研究で色々なコトがわかってきたのもあり、化粧水と美容液だけで、十分保湿はできるそうです。

化粧水の付け方としては、手のひらにとり顔に押さえるようにつける※2度3度と重ね付けすると余計乾燥する。
化粧水を付ける時に顔をペチペチ叩きながら浸透させるのはNG。叩いた刺激でシミができる可能性ありです。
美容液はすり込まない。肌にのせるだけというイメージでよいそうです。
また、乾燥がきになる人は、化粧水ではなく美容液の量を多めにすると翌日しっとりするそうです。
美容液は、保湿成分の濃度や保湿力が高いからです。

よく、昼間の乾燥対策として、化粧水の入ったミストを顔にかけて保湿するとよい。なんて聞きますが

これは逆効果だそうです。ミストの水分は顔にかけても蒸発して余計肌が乾燥してしまうから。
昼間に乾燥対策したいなら、あまりベトつかないジェルタイプの美容液を上から軽くのせて浸透させるのかよいそうですよ。

そうそう、扶洋の化粧品エステファイヴも基本は、化粧水と美容液のみ。目の周りの乾燥、乾燥肌の人はモイスチャーサーバーというクリームを付けています。

あと、肌の乾燥を防ぐ飲み物があるらしいです。この話しは次回また・・・。

次回は、「内側からキレイにする食事」です。
posted by 顔美子 at 14:19 | 美肌を作る方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。